▼トップページ
第1回「お金に対する考え方」

1円玉を見て!! 表も裏も・・・

1円玉を見ても大した価値があるようには見えません。
無駄にしようが、無くそうが、捨ててしまおうが、大したことはありません。

どこにでもある1円玉をどうみるかが、
あなたのお金に対する考え方の表れです。

成功している人たちはお金を単なるコインや
有名な人の顔が描かれた色付きの紙切れだとは思っていません。

成功している人たちは、お金を「種」だと思っています。

皆さんはそのような「種」を食べていませんか?無駄にしていませんか?

1円玉の裏には一本の木が描かれています。
その木は沢山の葉が付いています。
1円玉を無駄にする度に、その1円玉の「種」からなる実も一瞬にして全部失ってしまいます。

1円玉はそのようなことを私たちに語っているのかもしれません。

『落ちている1円玉も大切に』


第2回に続く・・・